米リメイク版「ゴジラ」めぐり内紛 リメイク権獲得の功労者が追放に

2013年1月10日 12:14

製作スタジオとプロデューサーが対立
製作スタジオとプロデューサーが対立

[映画.com ニュース]ハリウッドで準備が進められているリメイク版「ゴジラ」の製作陣の間で内紛が発生したと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

ハリウッド版「ゴジラ」といえば、ローランド・エメリッヒ監督の「GODZILLA ゴジラ」(1998)があるが、ギャレス・エドワーズ監督(「モンスターズ 地球外生命体」)がメガホンをとる新バージョンは、リブート版にあたる。

今春のクランクインに向けて準備が進められるなか、製作スタジオとプロデューサーがギャランティとクリエイティブ面で対立。関係者によれば、製作スタジオのレジェンダリーが映画プロデューサーのダン・リン(「シャーロック・ホームズ」)とロイ・リー(「THE JUON 呪怨」)にギャラの減額を要求したものの、2人が拒否したため同企画から追放したという。

ダン・リンは日本の製作元の東宝に出向き、リメイク権獲得を取りまとめた立役者であるだけに、レジェンダリーの行動は波紋を呼んでいる。なお、同社はハリウッド版「ゴジラ」のシリーズ化を狙っているという。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com