宮崎駿「風立ちぬ」&高畑勲「かぐや姫の物語」は同日公開 公開規模も同様に

2012年12月13日 17:02

ジブリの新作2本について語った鈴木敏夫プロデューサー
ジブリの新作2本について語った鈴木敏夫プロデューサー

[映画.com ニュース] スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーと西村義明プロデューサーが12月13日、東宝の2013年度ラインナップ発表会後に、東京・日比谷の同社で会見した。鈴木氏は、宮崎駿監督作「風立ちぬ」と高畑勲監督作「かぐや姫の物語」を2本立てではなく、独立した作品として同日公開することを発表。その理由を、「映画ってエンタテインメント。同じ日に公開されたら、お客さんもワクワクするんじゃないかと思って。公開規模も同じくらいにしたい」と笑顔で語った。

宮崎監督が脚本も兼ねる「風立ちぬ」は、模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」で連載していた同名漫画が原作。ゼロ戦設計者として知られる堀越二郎の若き日の姿を描いている。映画では、堀辰雄の傑作小説「風立ちぬ」の恋愛模様も盛り込みながら、10歳の主人公・二郎の30年におよぶ生涯に迫る。

14年ぶりに新作を手がける高畑監督が、今作に取り組むべく始動したのが2005年だったという。最初に出来上がったシナリオは約3時間30分におよんだそうで、足かけ7年の力作。鈴木氏は、「『アルプスの少女』を日本でやるとこうなる」と納得顔だ。また、11年に死去した日本テレビの氏家齊一郎元会長が、製作としてクレジットされている。高畑監督の大ファンだったといい、10年に絵コンテを見せたら「『かぐや姫ってわがままな娘だな。でも、やっぱり女はわがままに限る』と言っていた。それを伝えたら、高畑さんも喜んでいた」と述懐した。

作品の話題性のみならず、観客動員や興行収入にも注目が集まることは間違いない。鈴木氏は、「どっちが勝った、負けたというのはイヤなんだ。2本同時に数字を発表することも東宝さんに相談している。そうしたら、今までで最高の数字が出せるんじゃないか」と笑みを浮かべていた。両作ともに2時間5分程度の上映時間を想定しているという。

風立ちぬ」「かぐや姫の物語」は、ともに2013年夏に全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
となりのトトロ[DVD]

となりのトトロ[DVD]

『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』などで話昭和30年代の田舎を舞台に、オバケの“トトロ”と幼い姉妹とのふれあいを描いた、宮崎駿監督が贈る大ヒット・ファンタジーアニメ。
おもひでぽろぽろ[Blu-ray/ブルーレイ]

おもひでぽろぽろ[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥5,980

都会生活に物足りなさを感じている27歳のヒロインが、憧れの田舎を旅する中、その自然の素晴らしさや人々の心の温かさに触れ、成長していく様を描いた高畑勲監督が贈る感動のアニメ。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース