第13回東京フィルメックスが開幕、コンペ部門の審査委員長はSABU監督

2012年11月23日 17:55

SABU審査委員長をはじめとする審査員が 顔をそろえた東京フィルメックスのオープニング
SABU審査委員長をはじめとする審査員が 顔をそろえた東京フィルメックスのオープニング

[映画.com ニュース] 今年で13回目を迎える「東京フィルメックス」のオープニングセレモニーが11月23日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、アジア圏の新進監督たちの秀作を集めたコンペティション部門9作品を審査するSABU監督(日本/審査委員長、映画監督)、ダン・ファイナウ氏(イスラエル/批評家)、泰早穂子氏(日本/批評家)、バレリ=アンヌ・クリステン氏(フランス/ユニフランス・フィルムズ日本支局長)が出席した。

コンペティション部門には、イスラエルから「514号室」(シャロン・バルズィブ監督)と「エピローグ」(アミール・マノール監督)の2作品を迎えるほか、ナヒード・ゴバディ監督のデビュー作「111人の少女」、ハオ・ジェ監督の新作「ティエダンのラブソング」ら世界各国の力作が集結。また、日本映画は「ふゆの獣」で同映画祭最優秀賞を受賞した内田伸輝監督が、震災後の日本を描いた野心作「おだやかな日常」、高橋泉監督の新作「あたしは世界なんかじゃないから」の2本がエントリーしている。

挨拶に立ったSABU監督は“審査委員長”と紹介されると、「いやあ……」と恐縮しきり。それでも「僕自身、毎年楽しみにしている映画祭。今年はすごい皆さんと一緒に審査するということで、若干怖いですけど(笑)。面白い作品がそろっているので、ぜひ皆さんも一緒に見ましょう」と客席に呼びかけていた。また、オープニングを飾る仏女優イザベル・ユペールの主演作「3人のアンヌ」でメガホンをとるホン・サンス監督も駆けつけ、「見慣れないタイプの映画かもしれませんが、心を開いて自由に楽しんでください」と挨拶した。

東京フィルメックスは2000年のスタート以来、アジアを中心に作家性の強い独創的な作品を上映し、映画ファンの支持を集めている。今年は「映画の未来へ」をスローガンに掲げ、メイン会場となる有楽町朝日ホールを中心に有楽町地区で11月23日~12月2日まで開催。クロージング作品として、バフマン・ゴバディ監督が伊女優モニカ・ベルッチらを迎えてトルコで撮影した「サイの季節」が上映される。

(映画.com速報)

オールド・ドッグ[DVD]

オールド・ドッグ[DVD]

最安価格: ¥1,100

ジョン・トラボルタ×ロビン・ウィリアムズの2大スター共演、中年独身男性二人がシングルライフを満喫する生活から一転、双子の“パパ”として悪戦苦闘しながらも家族の大切さを見つけていくハートウォーミング・ストーリー。「第12回東京フィルメックス 最優秀作品賞」受賞作品。
息もできない[DVD]

息もできない[DVD]

最安価格: ¥4,180

父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きる男サンフンと、傷ついた心をかくした勝気な女子高生ヨニは、ある日、偶然出会うが、それは最低最悪の出会いだった。しかし、「家族」という逃れられないしがらみの中で生きてきた二人は、歳は離れているものの、互いに理由もなく惹かれあう。「第10回東京フィルメックス 最優秀作品賞」受賞作品。

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース