じゃんけん大会優勝のAKB48島崎遥香がメイド姿を自画自賛

2012年10月8日 20:00

メイド姿を披露したAKB48島崎遥香
メイド姿を披露したAKB48島崎遥香

[映画.com ニュース]人気アイドルグループ「ジャニーズJr.」と「AKB48」の若手メンバーが共演した深夜ドラマを映画化する「劇場版 私立バカレア高校」の公開を記念し10月8日、東京・秋葉原のUDXシアターで“私立バカレア高校学園祭”と銘打ったプレミアイベントが行われた。

ヒロイン・真行寺文恵を演じた島崎遥香をはじめ、共演する大場美奈永尾まりや小林茉里奈中村麻里子加藤玲奈竹内美宥川栄李奈高橋朱里市川美織らAKBメンバーが勢ぞろい。劇中に登場する学園祭のコスプレカフェにちなみ、思い思いの衣装に身を包んだ10人が、来場したファン150人を出迎えた。なお当初イベント参加が予定されていた光宗薫は「体調不良」を理由に急きょ欠席した。

主演の島崎がチョイスしたのは、王道のメイド服で「秋葉原ではよく見かけるけど、私自身が着るのは初めて。すごく新鮮です」とニッコリ。さらに「自分で言うのもなんですが、結構似合っているかなあ」と自画自賛していた。一方、カボチャの衣装を選んだ大場は「張り切っている感を出したくて」とドヤ顔。映画の中では、島崎と“新旧生徒会長対決”を繰り広げる加藤は「みんな似合っている」とほほ笑んだ。

不良だらけの男子校・馬鹿田高校とお嬢さま女学校・カトレア学院が合併して誕生した私立バカレア高校を舞台に、生まれも育ちも正反対の男女たちが繰り広げる騒動を描く。秋元康が原作を手がけ、「キミとボク」の窪田崇監督がメガホンをとった。

島崎は9月開催のAKB48選抜じゃんけん大会に、カトレア学院の制服姿で挑み、見事に優勝を飾った。「(映画の)公開も近かったし、初の主演映画なので、思い入れをこめた。おかげで優勝することができたし、この運が映画のヒットにつながれば」(島崎)。そして「ドラマでは描かれなかった登場人物たちの過去や、新しいメンバーとの対決もあるので、ぜひ何回、何十回と見てください」と熱っぽくアピールしていた。

劇場版 私立バカレア高校」は10月13日から公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース