J・J・エイブラムス製作の新ドラマ「レボリューション」がフルシーズン化

2012年10月4日 18:00

ドラマ、映画と大活躍のJ・J・エイブラムス
ドラマ、映画と大活躍のJ・J・エイブラムス

[映画.com ニュース] J・J・エイブラムスが製作総指揮を務める新ドラマ「レボリューション(原題)」がシリーズ化されたと、Deadlineが報じた。

同作を放送する米NBCは、同作を製作するバッド・ロボット、およびワーナー・ブラザースTVに対し、フルシーズンの制作を発注。アメリカのテレビ界では、新ドラマは視聴率次第ですぐに放送中止となるため、番組スタート時には、フルシーズン(22話から24話)の半分のエピソードしか発注していない。

9月17日に放送開始となった「レボリューション」の視聴者数は1170万人で、アメリカのネットワーク局で放送された新ドラマの初回放送としては、過去3年間で最高の成績だ。その後のエピソードも高い視聴者数を維持していることから、NBCはシーズン1を最後まで製作することを決めた。

NBCエンタテインメントのジェニファー・サルケ社長は、「スタート時からの圧倒的な反響はもちろん、われわれは『レボリューション』制作陣の想像力と方向性にとても感心しています」と、声明を発表。ただし、エイブラムスが手がけた前作「アルカトラズ」は、フルシーズン製作されたものの、視聴率が落ち込んだためにシーズン1で打ち切りになった経緯がある。「レボリューション」が継続できるかは、今後の視聴率次第といえそうだ。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース