大東駿介、自分の女装姿に衝撃「もっとキレイだと思っていた」

2012年9月13日 16:30

学ラン姿で登場した大東駿介(左)と入江甚儀
学ラン姿で登場した大東駿介(左)と入江甚儀

[映画.com ニュース] 俳優の大東駿介が9月13日、都内で行われた主演ドラマ「ハイスクール歌劇団☆男組」(CBC製作)の記者発表会見に共演する桜庭ななみ若葉竜也入江甚儀高橋由美子、紫吹淳とともに出席した。

実話をもとに、課外活動として“男性版タカラヅカ”に挑む高校生たちの青春ドラマ。大東は劇中劇「ロミオとジュリエット」でジュリエット役に扮し、女装姿を披露したが「正直、自分は女装したらキレイになると思っていた。鏡を見た瞬間の衝撃は、今も引きずっている」。それでも入江演じるロミオとのキスシーンは「いとおしさでいっぱいでした」と笑顔で振り返った。

一方の入江も「最高に盛り上がるシーンなので恥じらいよりも、演じきらなければという思いが強かった」と役者魂を発揮。さらに「ジュリエットを演じる大東さんを間近で見て、『キレイだな』と思ってしまった自分に迷いを感じています(笑)」とジョーク交じりに“初体験”を述懐した。

また、学生役では紅一点の桜庭は「こんなに男子ばかりの現場は初めて。受け入れてもらえるか不安だったが、皆さんがとても温かった」と安どの表情。大東のくちびるに口紅を塗るシーンは「楽しかった」。バレエ講師役の高橋は「苦労をともにするうち、性別や年齢を超えた友情に芽生えた」と語っていた。

会見が行われた東京・品川の天王洲銀河劇場では、ドラマ版のストーリーから3カ月後を描いた舞台が9月23日まで上演されており、こちらには鎌苅健太高橋愛が出演。ドラマ「ハイスクール歌劇団☆男組」は10月6日午後2時からTBS系で全国放送される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース