橋本愛、バトミントン経験を生かせず「不完全燃焼」と悔し顔

2012年7月29日 17:55

撮影当時を振り返った橋本愛
撮影当時を振り返った橋本愛

[映画.com ニュース] 女優の橋本愛が7月29日、都内で行われた出演作「桐島、部活やめるってよ」の公開記念トークショーに出席した。会場には、日頃から部活動に勤しむ現役中高生が数10人来場。現在16歳の橋本は、同世代の作品に対するリアクションに興味津々だった。

作家の朝井リョウ氏が早稲田大学在学中に書き上げた小説を、吉田大八監督(「クヒオ大佐」「パーマネント野ばら」)が映画化した。田舎町の高校バレー部のキャプテン・桐島が突然退部。この“事件”をきっかけに、校内のパワーバランスが静かに崩壊する様子がバトミントン部、映画部、吹奏楽部、帰宅部ら複数の生徒の視点で描かれる。

バトミントン部員のカスミを演じる橋本は、中学時代にバトミントン部に所属していたが「1年以上ブランクがあったので、カンを取り戻すのが大変でした。正直、不完全燃焼で悔いが残る」と悔しそうな表情。周囲と一定の距離を保つクールな役柄には「人間関係に少し臆病で、周りを見渡しながら他人と接する部分が似ている」と共感していた。

撮影中はモニターで自身の演技をチェックする機会がなかったといい「新しい感覚の青春映画を撮っていると聞いたが、『どこが?』って(笑)。完成した作品を見て、なるほどと思いました。それに少しぼう然としました」と本音を明かした。映画には橋本をはじめ、映画部に所属する映画オタクの涼也を演じる神木隆之介大後寿々花東出昌大ら人気若手俳優が顔をそろえる。

桐島、部活やめるってよ」は8月11日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース