「メリダ」同時上映の短編「ニセものバズ」、期間限定で映像公開

2012年5月31日 20:00

“ニセものバズ”の狙いとは?
“ニセものバズ”の狙いとは?

[映画.com ニュース] 人気アニメ「トイ・ストーリー3」の続編にあたる、短編「ニセものバズがやって来た」の特別映像が、9月21日までの期間限定で公開された。

今作は、「カーズ2」と同時上映された「ハワイアン・バケーション」に続く、「トイ・ストーリー」シリーズの短編第2弾。バズ・ライトイヤーになりすまそうとする、“ニセものバズ”が巻き起こす騒動を描く。ディズニー/ピクサー史上初の試みとして、ピクサー25周年記念作「メリダとおそろしの森」、第84回アカデミー賞で短編アニメーション賞にノミネートされた「月と少年」と3本立てで上映される。

キッズメニューのおまけ“ニセものバズ”と間違われたバズ・ライトイヤーは、ファーストフード店に置き去りにされてしまう。なんとかウッディらが待つ家に帰りつくが、“ニセものバズ”がバズになりすまそうとしていた。

特別映像では、ウッディやレックスらおなじみのおもちゃが、身長7センチの“ニセものバズ”に翻ろうされる。部屋のなかを自由気ままに走り回り姿が、憎めない愛らしさで描かれている。

ニセものバズがやって来た」、同時上映の「メリダとおそろしの森」「月と少年」は、7月21日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

(C)Disney/Pixar.All rights reserved.

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース