熱中症、食あたり乗り越え!? 待望の東京初日に高橋克典感無量

2012年4月7日 16:14

「私の叔父さん」初日舞台挨拶に立った (左から)寺島咲、高橋克典、細野辰興監督
「私の叔父さん」初日舞台挨拶に立った (左から)寺島咲、高橋克典、細野辰興監督

[映画.com ニュース] 俳優・高橋克典の3年ぶりの主演映画となる「私の叔父さん」が4月7日、東京・銀座シネパトスなどで封切られた。ロケ地の福岡など九州を中心に3月3日から先行公開。待望の東京での初日に、高橋は同劇場での舞台挨拶で「CGなどの特殊効果を使っていない、いまどき珍しい映画。皆さんの宣伝にかかっているといっても過言ではない。ねずみ講式に広げてください」と満員のファンにアピールした。

細野辰興監督とは、「竜二Forever」以来10年ぶりのタッグとなり、「監督はとても厳しくてしつこい、油断のできない方。前回よりはだいぶ和やかにはなりましたが、ほんの一瞬でも客観的なことを考えれば見透かされてしまう。挑戦のしがいがあって楽しかった」と振り返る。対する細野監督も「勢いではできない繊細で丁寧な芝居だったが、10年の成長の跡が見えて、やったという感じだった」と満足げな表情を浮かべた。

だが、撮影が行われた昨夏の福岡は真夏日が73日に達する猛暑。高橋は、「いやあ、本当に暑かったですね。熱中症になりかかり、よせばいいのに近所のスーパーのタイムセールで買った刺し身にあたり、モーニングコールは看護師さんで、救急病院から現場に行っていました」と苦難!?のエピソードを披露し笑いを誘った。

また、細野監督から「何度拒絶されてもしょげない、恋のターミネーターになれ」と指示されたというヒロインの寺島咲は、暑さの中でのロケにも「高橋さんがアイスを差し入れてくれたので乗り切れました。こんな素敵な叔父さんがいたら好きになっちゃうかも」と笑顔。これには、高橋も「アイスくらいで、そこまで言ってくれるなんて」とまんざらでもない様子だった。

私の叔父さん」は、直木賞を受賞した連城三紀彦の短編集「恋文・私の叔父さん」所収の1編を映画化。カメラマンの叔父とめいとの間に閉ざされた過去と、2人の切ない愛を描く。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース