2AMイム・スロン「ちょっと緊張」日本で初の“ひとり舞台”

2012年1月17日 12:45

映画デビューを果たしたイム・スロン
映画デビューを果たしたイム・スロン

[映画.com ニュース] 4人組男性K-POPグループ「2AM」のイム・スロンが1月16日、映画デビュー作「アコースティック」のプレミア試写会を東京・ユナイテッドシネマ豊洲で行い、約200人のファンが駆けつけた。

1月に日本でのメジャーデビューが決定し、前日にはメンバーとともに川崎での新曲PRイベントに出席したばかり。この日は、日本で初の“ひとり舞台”とあって「ちょっと緊張しています」。それでも「今後はアーティスト活動だけでなく、映画やドラマの出演者としても頻繁に(日本のファンに)会いに来たいです」と挨拶し、黄色い歓声を浴びていた。

音楽が消えてしまった30年後の近未来を舞台に、音の研究をする大学生ジフ(スロン)が、博物館に飾られたiPhoneをもった風変わりな少女との出会いを通して、音楽への思いを深めていく青春ストーリー。韓国の人気ロックバンド「CNBLUE」のイ・ジョンヒョンカン・ミンヒョクらと共演し「現場には親しい仲間がたくさんいて、初めての映画を楽しく撮影することができた」と振り返った。

すでに「2AM」のメンバーも本作を鑑賞しているといい「実際にお金を払って、映画館に行ってくれました。見た後に電話をもらったが、30秒くらい笑い続けて『まるで君じゃないみたい』って(笑)。映画を楽しんでくれたのか、ただ単に僕の演技がおかしかったのかはわかりません」と苦笑いを浮かべていた。

アコースティック」は2月4日から東京、名古屋、大阪で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース