「スター・トレック2」、LAでついにクランクイン

2012年1月17日 11:10

LAでの撮影にこだわったエイブラムス監督
LAでの撮影にこだわったエイブラムス監督

[映画.com ニュース] 「スター・トレック」の続編が今週、ついにクランクインすることになったと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。シリーズ通算11作目にして、大胆な再構築を行った同作はシリーズ最高の興行収入を記録し、すぐに続編製作が決定したものの、監督・プロデューサーを手がけたJ・J・エイブラムスが多忙のため、クランクインが遅れていた。

「スター・トレック2(仮題)」も、前作同様にロサンゼルスで撮影されることになる予定で、ソニー・スタジオ内に作られたエンタープライズ号のブリッジを中心に、製作が進められていくことになる。カリフォルニア州の税優遇措置は製作費7500万ドル以下の映画が対象となっているため、大作映画の多くが州外に流出しているが、エイブラムス監督はロサンゼルスでの撮影にこだわったという。

前作は、パラマウント・スタジオに建設されたブリッジのセットを中心に、バドワイザー工場やドジャースタジアム、ロングビーチ市役所などロサンゼルス近郊で撮影が行われている。クリス・パインザッカリー・クイントゾーイ・サルダナサイモン・ペッグら前作の主要キャストが再登板するほか、アリス・イブベネディクト・カンバーバッチピーター・ウェラーらが新たに参加する。

撮影期間は12週間以上で、2013年5月に3D映画として全米公開される予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース