嵐・相葉雅紀、台湾、香港を訪問 復興支援に「ありがとう」

2011年12月5日 19:30

嵐・相葉雅紀の到着を待ち望むファン
嵐・相葉雅紀の到着を待ち望むファン

[映画.com ニュース] 「嵐」の相葉雅紀が12月2、3日(現地時間)に、台湾、香港で行われたドキュメンタリー映画「日本列島 いきものたちの物語」のワールドプレミアに出席した。相葉は、東日本大震災で被災した日本への復興支援を実施した台湾、香港に、「さまざまな支援をしていただいて本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えた。

台湾の小学生による募金、人文字で表現した勇気のメッセージなどの支援を受けた台北教育大学付属実験小学校を訪問。復興の願いが込められた福島・会津の民芸品“ミニ起き上がり小法師(こぼうし)”を持参し、現地のファンを喜ばせた。

初めてナレーションを務めた相葉は、「いち早くこの地で上映できることにすごく幸せを感じておりますし、(震災のイメージとは違う)今の日本の姿を知っていただける映画だと思っています」と自信をのぞかせ、「日本のイメージが変わる」と力強くアピール。出田恵三監督も「テーマは家族愛」と説明し、「(動物たちの姿に)日本の自然の素晴らしさを感じていただけると思います。きっと日本のことが好きになっていただけると思います」と語った。

日本列島 いきものたちの物語」は、25人の動物カメラマンが全国30カ所以上で2年半にわたり撮影を敢行。日本の大自然のなかで暮らす生き物の営みを通して家族愛、きずなを映し出し、日本の素晴らしさを描く。相葉をはじめ長澤まさみ、「ガレッジセール」のゴリが、黒木瞳がナレーションとして参加している。2012年2月4日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース