「高慢と偏見とゾンビ」から3人目の監督が降板 主役も決まらず

2011年10月31日 11:18

降板したクレイグ・ギレスピー監督
降板したクレイグ・ギレスピー監督

[映画.com ニュース] 米作家セス・グラハム=スミスのベストセラー小説「高慢と偏見とゾンビ」の映画化企画から、メガホンをとる予定だったクレイグ・ギレスピー監督(「ラースと、その彼女」)が降板したことが明らかになった。同企画から降りた監督は、これで3人目となる。

原作は、ジェーン・オースティンの古典「高慢と偏見」をゾンビ版にアレンジしたもの。当初、デビッド・O・ラッセル監督、ナタリー・ポートマン主演でスタートした企画だったが、その後いずれも降板。代わりに、「スクール・オブ・ロック」の脚本家として知られるマイク・ホワイトが監督に起用されたものの、今年1月に降板し、4月にギレスピー監督の参加が報じられた。

なお、主役のエリザベス・ベネットを演じる女優についても、ポートマン以降、エマ・ストーンスカーレット・ヨハンソンブレイク・ライブリーらが候補に挙がったが、いまだ未定のままだ。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com