三谷監督&西田敏行、観客に「大好き!」「愛しています!」

2011年10月29日 12:52

実写邦画の興行収入No.1を目指し封切り
実写邦画の興行収入No.1を目指し封切り

[映画.com ニュース] 三谷幸喜監督の最新作「ステキな金縛り」が10月29日、全国427スクリーンで公開。三谷監督をはじめ主演の深津絵里西田敏行中井貴一阿部寛竹内結子、KAN、「TKO」の木下隆行は、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇2に勢ぞろいし舞台挨拶に立った。

三谷監督が「THE 有頂天ホテル」製作以前から構想を温めてきた、11年越しの渾身作。西田は、満員の客席を見わたし「今朝、中央高速道を走っていたら逆側は渋滞だった。紅葉でも見に行くんでしょう。しかし、あんなに混雑のなか行って楽しいんでしょうか? よくぞ、都心にお越しくださいました。我々、皆さんが大好きなんです」と、ありったけの感謝の言葉を口にした。

その後は、「西田さんがおっしゃったように、本当に大好きです。愛しています」(中井)、「皆さん、大好きです。僕のタップはどうでした?」(阿部)、「心から愛しています」(竹内)と“愛の告白”が続出。三谷監督は「去年の夏の撮影で、中井さんが見えない犬とじゃれ合う痛々しい姿を見たとき、これは中井さんのためにもヒットさせないといけないと思った。皆さん、愛しています!」と語り、場内の爆笑を誘った。

また、司会を務めたフジテレビの生野陽子アナが「上映」を「映上」、(11月5日放送の特別ドラマ)「ステキな隠し撮り」を「ステキな“かく”縛り」と言い間違いを連発。深津や三谷監督からツッコミを入れられ、拍手喝さいがおくられた。

9月21日に行われた完成披露試写会で、三谷監督は興行収入50億円を目標と宣言。配給の東宝によれば、「今年の実写邦画で興収No.1は『GANTZ』の約34億円。まずは40億円を目指して頑張りたい」と慎重な姿勢をうかがわせた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース