加賀美セイラ、名作「チャンプ」を見て「子どもがほしい」

2011年9月30日 18:25

洋画専門チャンネルのナビゲーターに
洋画専門チャンネルのナビゲーターに

[映画.com ニュース] タレントの加賀美セイラが9月30日、洋画専門CSチャンネルの新番組「ザ・シネマ 最新映画情報局」のナビゲーターに就任し、都内で会見した。

同番組では、劇場公開を控えた最新映画の情報などを放送。加賀美は「SCREEN」の米崎明宏編集長とともに、ナビゲーターとして様々な作品や情報を紹介していく。

加賀美は、「いち視聴者として面白い部分を伝えていきたい」と意気込む。もともと映画好きで、ひとりで劇場へ行くことも多いというが「(ジャンルは)何でもひかれるけど、ひとつだけひかれないのがホラー」。番組でホラー映画を紹介することになったら、「あまりほめることができないかも(苦笑)」と渋い表情を見せていた。

11月には「泣ける映画」特集も放送されるが、大好きな作品として挙げたのは「チャンプ」。「子役が本当にかわいくて、子どもがほしくなっちゃいます」と結婚願望ものぞかせた。

英語が堪能のため、ハリウッド進出の意欲を問われると「もちろん!」と即答。「オードリー・ヘップバーンにあこがれているので『ローマの休日』のような作品も出てみたいし、アンジェリーナ・ジョリーの『17歳のカルテ』のようなシリアスな作品もいい。いろんな役をやってみたい。ジョニー・デップブラッド・ピットオーランド・ブルームとか好きな男優もいっぱいいますから!」と大物スターとの共演にも意欲を見せた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース