「極道めし」永岡佑、撮影でラーメン12杯!

2011年9月23日 14:25

ラーメンをすする男性キャストに木村文乃はニッコリ
ラーメンをすする男性キャストに木村文乃はニッコリ

[映画.com ニュース] 前田哲監督の最新作「極道めし」が9月23日に公開初日を迎え、永岡佑勝村政信ぎたろー(コンドルズ)、木村文乃、前田監督が、都内の劇場で舞台挨拶を行なった。

土山しげるの同名人気漫画の映画化で、刑務所で服役中の受刑者たちの“食”にまつわる悲喜こもごもが情感たっぷりに描き出される。本編では料理を食べるシーンが多く描かれるが、撮影では様々な苦労があった様子。永岡はラーメンを「12杯食べました」。そして、「撮影中に胃が大きくなっちゃって、ラーメン食べた後も普通に弁当を食べていました。終わった後が大変で、3キロくらい太っちゃいました」と苦笑いを浮かべた。

撮影を通じて15キロ太ったというぎたろー。前田監督から太るように指示が出たそうで、「映画会社からバウムクーヘンが100個くらい箱で送られてきました。そのくせ監督は『映画の最初と最後で画がつながらない!』と怒っていて、そりゃないだろって思いました」と吐露した。木村は料理を作る側だったが、「永岡さんを見て『大変だな』と思いながら、愛情込めて作りました」とニッコリ。前田監督は、「この作品は母親へのありがとうの気持ちを込めたラブレター」と感慨深げに語った。

また、それぞれが忘れられない家庭の味やお弁当について語るなか、永岡のエピソードは母親が作ったカレー。「母が平べったい皿にカレーを盛って、半分以上がこぼれてしまい、当時中学生だった僕はボロクソに言ったんです。そうしたら母が泣いて雑巾を投げつけて、カレーが全部こぼれて雑巾が皿に乗ったんです。だから僕の忘れられない料理は……雑巾です(笑)」と話し、爆笑を誘った。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース