「ビートルジュース」続編製作へ? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月7日 > 「ビートルジュース」続編製作へ?
メニュー

「ビートルジュース」続編製作へ?

2011年9月7日 18:03

M・キートンの怪演再び?「ビートルジュース」

M・キートンの怪演再び?
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ティム・バートン監督、マイケル・キートン主演のホラーコメディ「ビートルジュース」(1988)の続編が、製作される可能性が出てきた。

米Deadlineによれば、バートン監督の新作「ダークシャドウズ(原題)」の脚本家で、「高慢と偏見とゾンビ」の著者として知られるセス・グラハム=スミスと、プロデューサーのデビッド・カッツェンバーグがこのほど、米ワーナー・ブラザースと2年間のファーストルック契約を締結。今後ふたりが手がける企画のひとつとして、「ビートルジュース」の続編が候補に挙がっているという。

オリジナル版は、交通事故で死んでしまった夫婦が、自分たちの家に引っ越してきた家族を追い出そうと奮闘するが、うまくいかないため、霊界の“バイオ・エクソシスト”ことビートルジュースに助けを求めるというストーリー。ビートルジュースに扮したキートンの怪演が話題になり、大ヒットを記録した。

現時点では、バートン監督とキートンが続編に参加するかどうかは不明。ただし、新作はリメイクやリブートではなく、あくまでも第1作の続編という扱いになるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi