アメリカ人が嫌いなセレブにパリス・ヒルトン、チャーリー・シーンら

2011年8月22日 11:19

納得の第1位、パリス・ヒルトン
納得の第1位、パリス・ヒルトン

[映画.com ニュース] ロイターと調査会社イプソスの共同調査の結果、アメリカ人が「嫌いな」「信頼できない」有名人の第1位にパリス・ヒルトンが選ばれた。

2012人を対象に、100人の有名人から選択する方式で行われた調査の結果、ヒルトンは全体の60%を得票してトップに。2位には、暴言を吐いて番組を解雇されるなど、奇行が目立った俳優のチャーリー・シーンが52%を得票してランクインした。

その他、アーノルド・シュワルツェネッガーやタイガー・ウッズ、メル・ギブソンら、女性スキャンダルが報じられたかつての大スターたちも不名誉なランクインを果たした。なお今回の調査では、政治家は最初から除外されているという。

アメリカ人が嫌いな有名人トップ10は以下の通り(カッコ内は得票率)。

1位 パリス・ヒルトン(60%)
2位 チャーリー・シーン(52%)
3位 ブリトニー・スピアーズ(45%)
3位 カニエ・ウェスト(45%)
5位 アーノルド・シュワルツェネッガー(44%)
6位 タイガー・ウッズ(42%)
7位 キム・カーダシアン(38%)
8位 メル・ギブソン(33%)
9位 ドナルド・トランプ(31%)
10位 ルブロン・ジェームズ(29%)

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース