「荒川UB」星役の山田孝之「村長役の小栗旬に誘われた」

2011年6月7日 13:16

河童姿の村長は小栗旬
河童姿の村長は小栗旬

[映画.com ニュース] 中村光原作の人気ギャグ漫画「荒川アンダーザブリッジ」の実写映画とテレビドラマに、俳優の小栗旬山田孝之が出演することが分かった。

大財閥・市ノ宮カンパニーの御曹司(おんぞうし)のリク(林遣都)が、河川敷で出会った電波系美少女ニノ(桐谷美玲)に恋を教えるラブコメディ。共演には城田優片瀬那奈、元「モーニング娘。」の安倍なつみ上川隆也らが名を連ねている。

小栗は人望が厚く男気にあふれた河童姿の村長役、山田はニノに思いを寄せる元人気イケメンロッカーの星役を演じる。かぶりものとメイクに挑戦したふたりは、「ウェットスーツはきつかったし、顔にノリをつけまくって汗をかきまくったときの内側の不快感といったらたまらない」(小栗)、「星のかぶりものは頭がかゆくてもずっとかけないし、顔を塗っているので粉塵(ふんじん)がすごいのにマスクもできず、鼻もかめず、すすりつづけていました」(山田)と振り返った。

山田孝之は「ニノ大好き!」な星役に
山田孝之は「ニノ大好き!」な星役に

小栗は「自らやりたいと言った役でしたが、こんなにきついと思いませんでした」と話しながらも、「パート2が出来たらいいなと思うくらい、面白いものができたと思います」と自信をのぞかせた。一方の山田は、「旬くんから『やって欲しい面白い役がある。オレは河童をやるんだけど、おまえ星やらない?』と話をもらいました」と同作出演の経緯を明かした。

ドラマ版ではリクとニノの恋愛を軸に、キャラクターの個性に焦点を当てる。映画版は、リクと市ノ宮カンパニー代表で父親の市ノ宮積(上川)の親子関係を描く。

「荒川アンダーザブリッジ」は、ドラマ版が今夏にTBS系で深夜に放送、映画版は12年春に公開予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース