ドリームワークス・アニメーションが減収で方向転換

2011年4月28日 11:14

新作は「カンフー・パンダ2」
新作は「カンフー・パンダ2」

[映画.com ニュース] パロディを主体としたコメディ映画を得意とするドリームワークス・アニメーションが、方向転換を発表したとDeadlineが報じた。

昨年秋に全米公開した「メガマインド」のDVDセールスが芳しくなかったため、同社は2011年第1四半期の決算で前年同期比60%の減益。ジェフリー・カッツェンバーグCEOは、決算発表のあとに行われたカンファレンスで、今後は「シャーク・テイル」や「モンスターVSエイリアン」「メガマインド」のようなパロディ色の強い作品はつくらないと宣言した。

「これらの作品は、パロディというアプローチやそのトーンにおいてどれも似通っており、いずれも米国外での成績が芳しくなかったからだ」とその理由を説明。現在、ドリームワークスで製作中の作品にパロディ色の強いものはないという。新生ドリームワークスの第1作は、5月26日に全米公開の「カンフー・パンダ2」だ。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース