ジェームズ・キャメロン監督、3Dの新会社を設立

2011年4月13日 10:37

3Dの新会社を設立するキャメロン監督
3Dの新会社を設立するキャメロン監督

[映画.com ニュース] ジェームズ・キャメロン監督が、「アバター」で使用したフュージョン3Dカメラの共同開発者ビンス・ペイスとともに、新会社キャメロン・ペイス・グループを設立することになった。

米ラスベガスで開催されている、世界最大の放送機器展示会NABの基調演説で発表されたもので、同社を通じて映画、テレビ、ゲームの制作者に最新の3D技術を提供することになる。同社は、フュージョンカメラシステムを提供するペイスの会社PACEの商標を変更したもので、今後は3D放送に重点を置くという。

基調演説を行ったキャメロン監督は、「放送こそが3Dの未来だ。2年後にはすべてが3Dで制作され、2D映像は3Dから抽出されるようになるはずだ」と力説。映画界に3D革命をもたらしたキャメロン監督が、テレビ界で革命を起こすことになるかに注目が集まる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース