“ロマコメの女王”メグ・ライアンが監督デビュー

2011年4月6日 12:33

コメディドラマで監督デビュー
コメディドラマで監督デビュー

[映画.com ニュース] 米女優メグ・ライアンが、長編映画「Into the Beautiful」で監督デビューを果たすことが明らかになった。

米Comingsoon.netによれば、同作は久しぶりに集まる旧友たちが繰り広げるコメディドラマ。ローレンス・カスダン監督の傑作「再会の時」(1983)の現代版のような趣きになる予定だといい、アン・メレディスが脚本を手がける。

現時点では、ライアンの出演予定はなく、これからキャスティングに入るという。今年9月、米ニューヨーク州北部でのクランクインを予定している。

ライアンは、もともとジャーナリスト志望で、ニューヨーク大学在学中の81年に「ベストフレンド」でデビュー。「トップガン」(86)で注目を集め、「恋人たちの予感」(89)の大ヒットで不動の人気を獲得した。その後も「めぐり逢えたら」(93)、「ユー・ガット・メール」(98)などに主演し、「ロマンティックコメディの女王」と呼ばれている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com