「メン・イン・ブラック3」が撮影中断 トラブルの原因は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月12日 > 「メン・イン・ブラック3」が撮影中断 トラブルの原因は?
メニュー

「メン・イン・ブラック3」が撮影中断 トラブルの原因は?

2011年3月12日 14:46

完成までは前途多難な様子「メン・イン・ブラック」

完成までは前途多難な様子
写真:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2012年5月に全米公開予定の「メン・イン・ブラック3」に大きなトラブルが生じていると、ハリウッド・レポーター誌が報じた。同作は昨年11月に米ニューヨークでクランクインしたものの、脚本が未完成だったため、12月末から撮影休止となった。

2月中旬に撮影を再開する予定だったが、脚本の完成が遅れているため、現時点では3月28日まで延期となっているという。ハリウッドでは、脚本執筆と並行しながら製作が行われることは決して珍しくないが、「メン・イン・ブラック3」はVFXが多用される超大作で、今回はタイムトラベルが絡む複雑なストーリー設定のため、準備不足のまま始動したことが最大の原因と言われている。

ソニー・ピクチャーズが製作を急いだ背景には、「メン・イン・ブラック」の主要キャスト(ウィル・スミストミー・リー・ジョーンズバリー・ソネンフェルド監督)のスケジュールの都合と、10年にクランクインすることでニューヨーク州の税優遇措置の恩恵に預かる狙いがあったようだが、たび重なる遅延が予算をひっ迫している状態だ。現在は、「パニック・ルーム」や「宇宙戦争」のデビッド・コープが脚本を執筆しているというが、業界関係者はその手法を疑問視している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi