ジュリアン・ムーアがサラ・ペイリン役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月11日 > ジュリアン・ムーアがサラ・ペイリン役に
メニュー

ジュリアン・ムーアがサラ・ペイリン役に

2011年3月11日 11:04

元アラスカ州知事サラ・ペイリンに「オースティン・パワーズ」

元アラスカ州知事サラ・ペイリンに
写真:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジュリアン・ムーアが、元アラスカ州知事のサラ・ペイリン役を演じることが明らかになった。2008年の米大統領選挙の舞台裏を描いたノンフィクション本「Game Change」の映画化で、ムーアは共和党の副大統領候補ペイリンを演じることになる。

ペイリンは当時、副大統領候補に急きょ浮上し大いに注目されたものの、たび重なる失言や過去の経歴から資質を疑問視され、選挙戦敗退の原因のひとつとなったことで知られている。人気コメディアンのティナ・フェイ(「30 ROCK/サーティー・ロック」)が、「サタデー・ナイト・ライブ」でペイリンをネタにパロディを披露するなど、アメリカでは風刺のターゲットとなっているだけに、演技派のムーアがどのような演技を見せるのかに注目が集まる。

なお、製作を手がけるのはHBO Filmsで、「オースティン・パワーズ」や「ミート・ザ・ペアレンツ」のジェイ・ローチ監督がメガホンをとる。HBOとローチ監督は、00年の大統領選挙を描いたテレビ映画「リカウント」を手がけている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi