スパイク・ジョーンズ&チャーリー・カウフマン、新作で再タッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月4日 > スパイク・ジョーンズ&チャーリー・カウフマン、新作で再タッグ
メニュー

スパイク・ジョーンズ&チャーリー・カウフマン、新作で再タッグ

2011年3月4日 11:10

チャーリー・カウフマンと再びタッグ「マルコヴィッチの穴」

チャーリー・カウフマンと再びタッグ
写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「マルコヴィッチの穴」や「アダプテーション」を生み出した脚本家チャーリー・カウフマンスパイク・ジョーンズ監督が、新作で再びコンビを組むことになりそうだ。

米Deadlineによると、2人はタイトル未定の新企画をすでに立ち上げており、「トゥルー・グリット」の製作総指揮を手がけたミーガン・エリソンの制作会社が獲得のための交渉をしているという。世界の指導者たちが集まって、石油価格や戦争などの大問題に対処するさまを描く風刺劇だという。

脳内ニューヨーク」で映画監督デビューを果たしたカウフマンも、監督第2作「Frank or Francis」の準備を進めている。ある映画監督と、その監督の才能のなさをこき下ろすことに喜びを見いだしているブロガーとの対立を描く物語になる予定。ソニー・ピクチャーズが準備中で、メリル・ストリープの出演が噂されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi