第83回アカデミー賞中継は視聴率ダウン、批評家は酷評 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月1日 > 第83回アカデミー賞中継は視聴率ダウン、批評家は酷評
メニュー

第83回アカデミー賞中継は視聴率ダウン、批評家は酷評

2011年3月1日 13:39

前年に比べて視聴率9%ダウン「アバター(2009)」

前年に比べて視聴率9%ダウン
写真:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米で2月27日(現地時間)に放送された第83回アカデミー賞授賞式中継の視聴率が、前年に比べて9%ダウンしたことが明らかになった。

ハリウッド・レポーター誌によれば、アレック・ボールドウィンスティーブ・マーティンが司会を務めた昨年の平均視聴者数は4130万人だったのに対し、今年は3760万人だった。今年は「アバター」のようなメガヒット映画がなかったのに加え、アン・ハサウェイジェームズ・フランコという若手の人気俳優を司会に抜てきするという大胆な試みが逆効果となり、ローリング・ストーン誌の有名映画評論家ピーター・トラバース氏が「Worst. Oscars. Ever.(史上、最悪の、アカデミー賞)」とこき下ろすほどの、退屈な展開になったことが原因だ。

2人の新人司会者にとって不幸だったのは、アレック・ボールドウィンヒュー・ジャックマンビリー・クリスタルといった過去の司会経験者がゲストやプレゼンターとして登場したため、実力差が露呈してしまったことだ。特に、アカデミー賞司会の大ベテランであるビリー・クリスタルは、短い時間で会場を笑いの渦に巻きこみ格の違いをまざまざと見せつけた。

アカデミー賞授賞式という特殊な大舞台を仕切るためには、ベテランコメディアンの経験とセンスが不可欠であることが浮き彫りになった今年の授賞式だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi