ハリウッドで景気回復の兆し 2010年のロサンゼルスでの撮影が増加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月17日 > ハリウッドで景気回復の兆し 2010年のロサンゼルスでの撮影が増加
メニュー

ハリウッドで景気回復の兆し 2010年のロサンゼルスでの撮影が増加

2011年2月17日 18:34

[映画.com ニュース] 世界金融危機のぼっ発以来、ハリウッドの映画産業も不景気にあえいでいたが、ようやく景気回復の兆しが見えてきたようだ。

ハリウッド・レポーター誌が報じたところによると、2010年にロサンゼルス群で映画やテレビ、CMを撮影するために発行した認可証の数が、09年よりも16%アップしたという(09年には前年より23%減と大幅ダウンしていた)。

景気が上向きになったことに加えて、映画産業の空洞化対策として09年から導入されたカリフォルニア州の税優遇措置が効を奏したとみられている。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi