「RAILWAYS2」製作決定 第2弾の舞台は富山地方鉄道

2011年2月13日 12:00

第2弾の舞台は富山地方鉄道
第2弾の舞台は富山地方鉄道

[映画.com ニュース] 昨年5月に中井貴一主演で劇場公開された、「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の第2弾「RAILWAYS2」(仮題)の製作が決定した。第2弾の舞台は、富山県の富山地方鉄道。前作と同様に、「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズのエグゼクティブプロデューサー
阿部秀司氏が製作総指揮を務める。

富山地方鉄道に42年勤め、1カ月後に定年を控えた男と、男の人生を支えながらも、これからの自分の人生を再び見出そうとする妻の姿を、長い歴史を誇る富山地方鉄道とともに描く。前作で助監督を務めた蔵方政俊がメガホンをとる。

エリートサラリーマンが、子どものころからの夢だった島根の一畑電車の運転士として新たな人生を始め、男とその家族を描いた前作は、オリジナル作品ながら観客動員60万人を記録した。第2弾の撮影は富山でのオールロケとなり、3月中旬にクランクイン、4月下旬にクランクアップを予定。2012年に松竹配給で全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース