岸田國士「紙風船」、東京藝大生が仲村&緒川主演で短編映画化

2011年2月4日 06:16

豪華俳優陣共演によるオムニバス
豪華俳優陣共演によるオムニバス

[映画.com ニュース] 大正から昭和にかけて活躍した劇作家・演出家の岸田國士(くにお)の短編戯曲「紙風船」を、東京藝術大学の学生が仲村トオル緒川たまき主演で映画化することがわかった。

同作は、岸田の短編戯曲を原作とした4話からなるオムニバス映画。同大学院映像学科の学生が企画開発、脚本執筆、キャスティング、撮影、配給まですべての製作工程を担ったプロジェクトだ。原作の時代設定を現代に移し、神奈川・鎌倉、江ノ島の美しい情景を舞台に傑作戯曲の映像化に挑戦した。

オムニバスの1編「紙風船」は、退屈な日曜日を持て余した夫婦が、“ごっこ遊び”で鎌倉へ小旅行に出かけるが、夫のある行動によって現実に戻ってくるというストーリー。仲村と緒川たまきを主演に据え、黒沢清北野武らに師事した秋野翔一監督がメガホンをとった。

ほか3作品は、幼なじみの淡い恋愛を描く「あの星はいつ現はれるか」(廣原暁監督)、不運な男ふたりのロードムービー「命を弄ぶ男ふたり」(眞田康平監督)、セレブ家族が巻き起こすコメディ「秘密の代償」(吉川諒監督)。大後寿々花森岡龍光石研富田靖子水橋研二佐津川愛美ら豪華俳優陣が出演している。

紙風船」は、3月26日から公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース