オーソン・ウェルズ幻の監督作、ようやく公開へ

2011年1月26日 11:18

金庫で眠っていた1972年のフィルムが 間もなくお披露目
金庫で眠っていた1972年のフィルムが 間もなくお披露目

[映画.com ニュース] 「市民ケーン」などで近代の映画製作に多大な影響を与えたオーソン・ウェルズ監督の未公開作品「ジ・アザー・サイド・オブ・ザ・ウィンド(原題)」が、ようやく日の目を見ることになりそうだ。

ウェルズ監督が1972年にメガホンをとった同作のフィルムは、所有権をめぐる論争などのため、これまで未編集のまま金庫の中で眠っていた。しかしこのほど、同作のプロデューサーのひとりの代理人でロサンゼルスの弁護士ケネス・サイドルが、英ザ・ガーディアン紙に「(同作の)公開についての交渉は間もなく終了する」と語った。

ウェルズ監督が脚本も執筆した同作には、米俳優デニス・ホッパーのほか、米映画監督のジョン・ヒューストン(「黄金」「アフリカの女王」)、ピーター・ボグダノビッチ(「ラスト・ショー」「ペーパー・ムーン」)らも出演している。今後は、未編集のまま公開されるかどうかに注目が集まりそうだ。

米出身のウェルズは、監督、脚本、製作、主演の4役を務めたデビュー作「市民ケーン」(41)の巧みな構成と斬新なカメラワークで世界中の映画ファンを魅了。同作はアカデミー賞9部門にノミネートされた(脚本賞を受賞)。「第三の男」に出演するなど俳優としても活躍、70年にはその映画界への功績が称えられ、アカデミー名誉賞を受賞している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com