「AKB48」大島優子が共演を夢見る、あこがれの俳優とは……

2011年1月26日 15:06

女優への思いを語った大島優子
女優への思いを語った大島優子

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「AKB48」の、初となるドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」が、1月22日に全国で公開された。多忙を極めた同グループの2010年の全活動に密着。昨年6月の第2回選抜総選挙で初のセンターを獲得し、八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍を続けた大島優子に話を聞いた。

映画では寒竹ゆり監督が聞き手となり、密着したインタビューカットで、9歳から続けるスノーボードの腕前を披露している。アイドルから「自分に帰る」をテーマに、これまで明かすことのなかった胸のうちや、女優としての将来の夢を告白している。

大島を強くひきつけて止まないのが、銀幕の世界だ。子役時代の98年に「大怪獣東京に現る」で映画デビューし、09年には「テケテケ」で初主演。子どものころから映画が大好きだったといい、「香川照之さんにあこがれていて、尊敬しているんです! しかも面白いじゃないですか。ああいう俳優さんになりたくて、『あしたのジョー』の丹下段平役も見るのが楽しみ。何にでも染まれる香川さんのように、味のある人に私もなりたいですね。一緒に共演するのが夢なんです」と目を輝かせた。

女優道を追求するため、大島は自身を謙虚に見つめることも忘れていない。「“女版・香川照之”さんになりたいんです! そのためには、もっといろんなことを勉強しなくちゃいけないし、自分を客観的に見ないといけないなと思います」。さらに、映画のなかでストーリーの自然の流れとしてならば、ヌードもいとわないと覚悟に満ちた表情で話す。「ヌードありきではなく、まず作品がしっかりあって、その中で『そういうシーンがある』っていうことであれば。ストーリーを構築していくうえでの、アートのひとつとしてであってほしいですね」

作品タイトルの「10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」は秋元康の要望があって加えられた。10年後の大島は、32歳。劇中では「売れなくても地味にお芝居をしていられたら」と話している。
だからといって、AKB48の活動をおろそかにするつもりは毛頭ない。誰にも負けないくらい大切に思っており、今あえて好きな仕事を何でもさせてあげると言われたら「AKB48のライブコンサートの構成を全部やってみたいです。もちろん、私も出たいですし」と即答している。

北原、指原、横山とともに新ユニット「Not yet」の結成が発表されたばかり。メンバーをけん引する役回りが今後も求められ、なかなか映画界からのラブコールに応える時間的余裕はなさそうだ。それでも、「あせらず、ゆっくり時期を待ってという感じですよね」と本人はどこまでも自然体。寒竹監督は、今作の初日挨拶で「10年後、こんなに頑張っている人たちが報われる世の中であってほしい」と話している。大島は、10年後の自分にどんなメッセージをおくるのだろうか。

「幸せでいてください(笑)。それに尽きます。全部ひっくるめて、幸せであってほしいですね」

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com