ハリウッド版「デスノート」の監督が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月14日 > ハリウッド版「デスノート」の監督が決定
メニュー

ハリウッド版「デスノート」の監督が決定

2011年1月14日 15:58

原作ファンのブラック監督がメガホン「デスノート the Last name」

原作ファンのブラック監督がメガホン
写真:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースによる、日本の人気コミック「DEATH NOTE」の実写映画化プロジェクトの監督に、「キスキス,バンバン」(2005)のシェーン・ブラックが起用されたことが分かった。

「Death Note」は、そこに名前を記された者は必ず死ぬというノートをめぐり、天才学生の夜神月(やがみ・らいと)と探偵Lの攻防を描いた大ヒットコミック。日本では、藤原竜也主演の「デスノート」「デスノート the Last name」、松山ケンイチ主演のスピンオフ「L change the WorLd」の3本の実写映画が製作されているが、今回のハリウッド版はそのリメイクではなく、原作コミックの映画化となる。

ブラックは、「リーサル・ウェポン」や「ラスト・ボーイスカウト」の脚本家としても知られ、米版「DEATH NOTE」では、アンソニー・バガロッツィとチャールズ・モンドリーが手がけた脚本の監修にあたる。ブラックは、このニュースをスクープした米Deadline Hollywoodに対して、「原作のファンなので、単にコンセプトだけを取り上げてアメリカ的なスリラーに仕立て上げるのではなく、その精神性を忠実に映画化したい」と意欲を語った。なお、現時点ではキャストや撮影時期などは不明。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi