ロバート・パティンソンがD・クローネンバーグ監督最新作に主演

2011年1月7日 11:27

金とセックスに溺れる投資家を演じる
金とセックスに溺れる投資家を演じる

[映画.com ニュース] 「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソンが、デビッド・クローネンバーグ監督がメガホンをとる「コズモポリス(原題)」に主演することが決定した。

米作家ドン・デリーロの同名小説を映画化する企画で、クローネンバーグ監督が脚色も手がける。米Deadlineによれば、パティンソンは、時代のちょう児として金とセックスに溺れる投資家エリック・パッカーを演じるという。近未来のニューヨークを巨大ハイテク・リムジンで移動しながら、秒単位で投資を続けるパッカーの背後に、殺人者の手が忍び寄るという物語。同小説の大半は、リムジンの中を舞台に展開する。映画版には、マリオン・コティヤールポール・ジアマッティも出演すると報じられている。

「トワイライト」シリーズのキャストは、最終章「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン(原題)」の撮了後、力のある監督の話題作に出演し、それぞれのキャリアを積み重ねようとしている。パティンソンは、もともとクローネンバーグ監督とデリーロの小説の大ファンで、今回の作品に名乗りを上げたという。

またパティンソンは、フランシス・ローレンス監督(「アイ・アム・レジェンド」)がメガホンをとる「ウォーター・フォー・エレファンツ(原題)」の撮影を終えたばかり。こちらはサラ・グルーエンの同名小説を映画化する作品で、共演はリース・ウィザースプーン。全米公開は4月22日。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース