今年のアカデミー賞作品賞は248本の有資格作品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月22日 > 今年のアカデミー賞作品賞は248本の有資格作品
メニュー

今年のアカデミー賞作品賞は248本の有資格作品

2010年12月22日 11:14

[映画.com ニュース] 2010年アカデミー賞作品賞の資格を有する映画作品は248本であると、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーが発表した。

アカデミー賞に出品する資格を得るためには、その年の1月1日から12月31日までのあいだに、ロサンゼルスの商業映画館で7日間連続の興行を行うことが必須。上映時間40分以上の作品が長編映画としてみなされ、35ミリか70ミリ、あるいはアカデミーによって承認されたデジタル方式で上映される必要がある。

こうした条件を満たした長編映画が、計248作品に上る。第83回となるアカデミー賞は、来年1月25日にノミネートが発表、授賞式は2月27日に行われる予定。248作品の頂点に立つのは果たしてどの作品だろうか。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi