「ロスト・シンボル」映画版は、原作者ダン・ブラウン自ら脚色 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月22日 > 「ロスト・シンボル」映画版は、原作者ダン・ブラウン自ら脚色
メニュー

「ロスト・シンボル」映画版は、原作者ダン・ブラウン自ら脚色

2010年12月22日 11:14

ブラウンが映画脚本デビュー「ダ・ヴィンチ・コード」

ブラウンが映画脚本デビュー
写真:Vandeville Eric/Gamma/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続き、ダン・ブラウンのベストセラー小説を映画化するシリーズ第3弾「ロスト・シンボル(原題)」の脚本を、ブラウン自身が執筆することがわかった。米ハリウッド・レポーター誌が報じたもので、ブラウンが映画脚本を手がけるのは初めてとなる。

前2作同様、宗教象徴学者ロバート・ラングドンを主人公とする小説版は2009年に発売され、アメリカでは初日に100万部以上を売り上げた。フリーメイソンとアメリカ合衆国建国の関係性を描いている。当初は、「堕天使のパスポート」でオスカー脚本賞にノミネートされたスティーブン・ナイトが映画版の脚色を手がけることになっていた。

映画「ダ・ヴィンチ・コード」(06)、「天使と悪魔」(09)は、合わせて世界興行収入12億4000万ドルの大ヒットを記録している。両作のメガホンをとったロン・ハワード監督は、「ロスト・シンボル」では続投しないと見られており、トム・ハンクスが再び主人公を演じるかどうかも、現在のところ発表されていない。

製作スタジオのソニー・ピクチャーズは、すでに12年夏に「メン・イン・ブラック」第3弾と「スパイダーマン」最新作を公開することを決めているため、同夏に予定されていた「ロスト・シンボル」の公開は、13年夏に延期されるのではないかと噂されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi