アンジェリーナ・ジョリー監督作にブラッド・ピットがカメオ出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月24日 > アンジェリーナ・ジョリー監督作にブラッド・ピットがカメオ出演
メニュー

アンジェリーナ・ジョリー監督作にブラッド・ピットがカメオ出演

2010年11月24日 11:53

2人のコラボは「Mr.&Mrs.スミス」以来

2人のコラボは「Mr.&Mrs.スミス」以来
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アンジェリーナ・ジョリーが初監督を務めるタイトル未定の新作に、パートナーのブラッド・ピットがカメオ出演していることが明らかになった。

米アス誌によれば、ピットは11月14日、ハンガリー・ブダペストでの撮影に参加したという。ピットの役柄など詳細は明らかになっていない。

ジョリーが監督する同作は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を舞台に、セルビア人男性とボスニア人女性の恋愛を描く。レイプ被害者の女性が加害者と恋に落ちる物語とメディアで報じられたことから、同国の女性戦争被害者団体が抗議し、一時は首都サラエボでのロケが危ぶまれたが、ジョリーが噂を否定したことから撮影許可が下りた。しかし、ジョリーは現地住民の心情を考慮し、サラエボでの撮影予定期間を大幅に縮小している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi