ジョニー・デップ、「ハート・ロッカー」監督の新作に出演? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月8日 > ジョニー・デップ、「ハート・ロッカー」監督の新作に出演?
メニュー

ジョニー・デップ、「ハート・ロッカー」監督の新作に出演?

2010年10月8日 11:28

ビグロー監督がデップにラブコール「ハート・ロッカー」

ビグロー監督がデップにラブコール
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョニー・デップが、オスカー監督キャスリン・ビグロー(「ハート・ロッカー」)の新作「トリプル・フロンティア(原題)」に出演する可能性があることが分かった。

同作は、南米のアルゼンチン、ブラジル、パラグアイが接する「三国国境地帯」を舞台にしたクライムアクション。5人のメインキャラクターからなるストーリーで、トム・ハンクスも出演を検討中と言われている。米Deadline Hollywoodによれば、デップはこの企画を気に入っており、ハンクスとの共演にも興味を持っているが、2011年2月にクランクインという撮影スケジュールが懸念点となっているようだ。

デップは、同じく来年2月に撮影開始するティム・バートン監督の新作「ダーク・シャドウズ(原題)」が控えている。1960年代に人気を博した超自然メロドラマを映画化するもので、デップは吸血鬼バーナバス・コリンズを演じる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi