L・ローハンがリハビリ施設再入所、弟は「取り巻きが問題」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月30日 > L・ローハンがリハビリ施設再入所、弟は「取り巻きが問題」
メニュー

L・ローハンがリハビリ施設再入所、弟は「取り巻きが問題」

2010年9月30日 15:37

更正の最後のチャンスか

更正の最後のチャンスか
写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 再収監後に30万ドルの保釈金を支払い、わずか14時間で出所した米女優リンジー・ローハンが9月27日、自主的に南カリフォルニアのリハビリ施設に入所し、薬物乱用に関するプログラムを再スタートした。

最初の収監後、UCLAメディカルセンターの入院プログラムで23日間を過ごしたローハンは今回、「治療のレベルをアップし、期待以上の成果を上げる」と意気込んでいるという。

そんななか、弟のマイケル・ローハン・ジュニアは、米ピープル誌のインタビューに「彼女を取り囲んでいる、人を食いものにしてダメにするような人々が事態を難しくしているんだ。周りの協力なしに悪い習慣を正すのは大変だからね。だから(リハビリ施設に入所して)、取り巻きを無視することが大事」「依存傾向のある人が、すぐに治ることはないよ。でも彼女は人生の岐路(きろ)に立っていることを良く理解している。健康を取り戻すためにはどんな辛いことでもするつもりでいるし、僕や家族はどんなときでも彼女をサポートし続ける」とエールをおくっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi