筒井康隆「今までで一番七瀬らしい」と芦名星を絶賛

2010年9月25日 19:37

76歳おめでとう!
76歳おめでとう!

[映画.com ニュース] 筒井康隆のベストセラー小説を初めて映画化した「七瀬ふたたび」の公開を記念し9月25日、東京・シネ・リーブル池袋で「筒井康隆生誕祭」と題したイベントが行われ、筒井をはじめ同作で主人公を演じる芦名星小中和哉監督が出席した。筒井は前日24日、76歳の誕生を迎えた。

七瀬ふたたび」は、他人の心を読み取る、テレパスと呼ばれる特殊能力をもった少女・火田七瀬の活躍を描くSFストーリー。過去4度、テレビドラマ化されており、これまでに多岐川裕美水野真紀渡辺由紀蓮佛美沙子がヒロイン七瀬を演じている。今回の映画版では、多岐川が七瀬の母親役で出演し、新旧競演が実現。また、タレントの中川翔子が、同時上映される短編映画「七瀬ふたたび プロローグ」のメガホンをとった。

筒井は自身のブログで、芦名を「もっとも七瀬らしい七瀬です」と絶賛。この日、芦名と初対面を果たすと改めて「今までで一番七瀬らしい。こうして話している姿を見ていても、やっぱり七瀬らしい言葉になっている」とべたぼめだった。

一方の芦名は、「七瀬を演じることができて光栄。夢のようです」。役づくりのため、同作はもちろん、その前章にあたる「家族八景」も読み込んだといい「七瀬の過去が詰まった内容なので、読むことで七瀬の全体像がハッキリしました」と振り返った。

数多くの小説が映画化されてきた筒井は、「作家というものは基本的に映画化に対しては否定的なもの」と吐露。そして、「原作に忠実かどうかが重要だと思う。そうでない作品もありますが、それでも大当たりすれば機嫌は直るもの」と本音をこぼした。

これには小中監督も冷や汗を流したが、「原作に忠実な部分と、大胆に変えた部分がある。ぜひファンの皆さんにジャッジしていただければ」とアピール。すると今度は筒井が恐縮したのか、「作家はあるとき、原作と映画は違うものと悟りが開ける瞬間がくるもの。『時をかける少女』は金を稼ぐ少女だし、七瀬だって本当、孝行娘ですよ」と初の映画化に喜びを隠せない様子。また、自身の映画化作品のナンバーワンとして、原作の忠実度と興行的成功から、大林宣彦監督の「時をかける少女」を挙げていた。

七瀬ふたたび」は10月2日から全国公開。

(映画.com速報)

シルク スペシャル・エディション[DVD]

シルク スペシャル・エディション[DVD]

最安価格: ¥4,651

惜しげもなくヌードを披露した芦名星

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース