ホアキン・フェニックスの奇行はやはりヤラセだった!

2010年9月17日 17:53

オスカー級の名演?
オスカー級の名演?

[映画.com ニュース] 2008年に俳優業引退を発表し、ラッパーに転向したホアキン・フェニックスに密着したドキュメンタリー映画「アイム・スティル・ヒア(原題)」で監督を務めたケイシー・アフレックが、これまでの主張を一転。米ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで、メディアを騒がせてきたフェニックスの奇行は、同作のための演出でありパフォーマンスだったと明かした。

フェニックスは、俳優引退を表明したころから、映画のプロモーションのために出演したトーク番組でだんまりを決め込んだり、ライブで観客にキレたりといった奇行が目立つようになった。一方で、本作の撮影が同時期に行われていたことから、すべて演出ではないのかという噂がつねに囁かれていた。

アフレック監督は、これまで一貫して本作が“モキュメンタリー”ではないと反論してきたが、ここにきて仕掛けを公表。「ひとりの有名人の崩壊を先入観なしに描く」ために必要な策略であり、「ホアキンの一世一代のパフォーマンスだった」と語った。アフレックによれば、フェニックスのエージェントもほぼ2年に及んだ今回の壮大なジョークの仕掛人のひとりで、フェニックスにはすでに俳優復帰作の話もあるという。

なおフェニックスは、一連の奇行の発端となったトーク番組「レイトショー・ウィズ・デビッド・レターマン」の9月22日の放送に生出演することになっている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース