つるの剛士、ドキュメンタリー「うまれる」の主題歌を初披露!

2010年8月16日 15:40

つるのは4人の子どものパパ
つるのは4人の子どものパパ

[映画.com ニュース] タレントのつるの剛士がナレーションと主題歌を務めるドキュメンタリー映画「うまれる パパとママを選んできたよ」のイベントが8月16日、都内のホールで行われ、つるのが主題歌「オメデトウ fest. KOHEI JAPAN」を初披露した。

同作は、ウェブサイトで募集したおよそ200人のなかから4組の家族に焦点を当て、妊娠や出産、不妊や死産などを通じ、家族のあり方や人とのつながりを見つめ直すドキュメンタリー。

プライベートで4人の子どもをもつつるのは、「たくさんのちびっ子が来てくれてうれしい。今日は騒いでもらって結構! なんならステージに上がってきてもらっても構わない」と子連れの観客に呼びかけた。ナレーションに初挑戦となったが、「お話をいただいたときに『絶対やらせてくれ』って即答した。暗いニュースが多いけど、改めて生まれてくるということはそれだけで奇跡的なことだって感じてもらえればうれしい。色々な角度から色々なドラマを見ることができる素敵な映画」とPRした。

また、つるのは作曲を手がけたトラックメーカーのKOHEI JAPANとともに主題歌「オメデトウ fest. KOHEI JAPAN」を初披露。作詞を手がけた豪田監督は、「映画は重いテーマを扱っているけれど、映画館を出るときはスキップをしながら帰ってほしい。(曲の出来には)120%満足している」と太鼓判を押した。家族愛を歌うラッパーとして人気を集めるKOHEI JAPANも、「オレ、実はあんまり歌うまくなかった(笑)。つるのさんが歌ったら、歌がモノクロからカラーになった」と絶賛していた。

「うまれる パパとママを選んできたよ」は今秋、全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース