V・モーテンセン&A・アダムス、ケルアック「路上」でバロウズ夫妻役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月6日 > V・モーテンセン&A・アダムス、ケルアック「路上」でバロウズ夫妻役に
メニュー

V・モーテンセン&A・アダムス、ケルアック「路上」でバロウズ夫妻役に

2010年8月6日 17:38

名作「路上」の映画版に出演「コントロール」

名作「路上」の映画版に出演
Photo:CATARINA-VANDEVILLE POOL
/Gamma/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ビートニクを代表する作家ジャック・ケルアックの自伝的小説「路上(On the Road)」の映画化企画に、ビゴ・モーテンセンエイミー・アダムスの参加が新たに決定した。それぞれ、作家ウィリアム・S・バロウズがモデルと言われるオールド・ブル・リーと、その妻ジョーンをモデルにしたジェーンを演じる。

1957年に発表された「路上」は、主人公のサル・パラダイス(ケルアックがモデル)とディーン・モリアーティ(同じくビート・ジェネレーションを代表するニック・キャサディがモデル)がアメリカ大陸を放浪する姿を描いた小説。ヒッピームーブメントとカウンターカルチャーに大きな影響を与えた。

すでにサル役にサム・ライリー(「コントロール」)、ディーン役にはギャレット・ヘドランド(「トロン:レガシー」)が決定しているほか、キルステン・ダンストがカミーユ(キャサディの2番目の妻で作家のキャロライン)、クリステン・スチュワートがメアリールー(キャサディの最初の妻ルーアン・ヘンダーソン)を演じる。

今回の「路上」の映画化は、フランシス・フォード・コッポラ監督が30年以上にわたり実現に向けて尽力してきた企画で、同監督がプロデュースを手がける。メガホンをとるのは、チェ・ゲバラを主人公にしたロードムービー「モーターサイクル・ダイアリーズ」のウォルター・サレス。同作からは、脚本ホセ・リベラ、撮影エリック・ゴーチエ、美術カルロス・コンティ、音楽グスターボ・サンタオラヤらほとんどのスタッフが再集結することになっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi