オスカー脚本家ディアブロ・コーディが第1子を出産 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月29日 > オスカー脚本家ディアブロ・コーディが第1子を出産
メニュー

オスカー脚本家ディアブロ・コーディが第1子を出産

2010年7月29日 11:30

ツイッターで出産&息子の名前を発表「JUNO ジュノ」

ツイッターで出産&息子の名前を発表
Photo:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] エレン・ペイジ主演のコメディ「JUNO ジュノ」(2007)でアカデミー脚本賞を受賞したディアブロ・コーディが、第1子となる男児を出産した。

コーディが7月27日、ツイッターで息子マルセロ・ダニエル・マウリオの誕生を発表した。コーディは今年4月、ジャーナリストのダン・マウリオとの結婚と妊娠を公表していた。

コーディが脚本を手がけた劇場最新作「ジェニファーズ・ボディ」は、アメリカ中西部の田舎町を舞台に、ある手違いで悪魔に取りつかれた美しい女子高生ジェニファー(ミーガン・フォックス)と、その秘密を知った親友ニーディ(アマンダ・セイフライド)の姿をコメディタッチで描く青春学園ホラー。7月30日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi