大竹しのぶ、恋多き半生を赤裸々に…

2010年7月22日 11:32

結婚生活の思い出を明かす
結婚生活の思い出を明かす

[映画.com ニュース] 女優・大竹しのぶが、愛に満ちた半生を赤裸々に語った。7月21日、CS放送「チャンネル銀河」のトーク番組「山根基世のこの人に会いたい」収録が都内で行われ、ゲストとして参加。恋多き女性という紹介に「どうなんでしょう?」と照れながらも、過去の恋愛を振り返った。

1982年、24歳のときにTBS社員だった故・服部晴治さんと17歳の年の差婚。当時は略奪婚とも騒がれたが、初めての結婚生活は「全部が幸せだった」。5年後に服部さんと死別し、その翌年にお笑い芸人・明石家さんまと再婚し、4年で離婚。「早いですよね」と笑わせた。

数々の恋愛遍歴の一方で、16歳でデビューしてから37年間、ほとんど休まず女優業にこだわってきた。今年は映画「オカンの嫁入り」の公開が控え、来年はNHK大河ドラマ「江  姫たちの戦国」への出演も決定。「心を開放して喜びを感じられる。こんな良い仕事ない」と笑顔で話した。

山根基世のこの人に会いたい」は、元NHKアナウンサー・山根基世がホストを務めるトーク番組。この日の模様は、9月3日夜7時ほかで放送。(映画.com×文化通信.com)

(映画.com×文化通信)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース