サム・ライミ、「スパイダーマン」降板も新コミックを映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月22日 > サム・ライミ、「スパイダーマン」降板も新コミックを映画化
メニュー

サム・ライミ、「スパイダーマン」降板も新コミックを映画化

2010年7月22日 11:32

蜘蛛男を捨てて西部劇の英雄に「スパイダーマン」

蜘蛛男を捨てて西部劇の英雄に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スパイダーマン」シリーズを降板したサム・ライミ監督が、新コミック「アープ:セインツ・フォー・シナーズ(原題)」を映画化するプロジェクトでメガホンをとり、プロデューサーも務めることが決定した。

同作は、西部劇のヒーロー、ワイアット・アープが未来の荒廃したラスべガスを舞台に、ならず者たちと戦いを繰り広げる物語。原作のクリエイターであるマット・シラルニックが、映画版の脚色も手がける。

ライミ監督は、今年1月に「スパイダーマン4」からの降板を表明した。その後、ビデオゲーム「ワールド・オブ・ウォークラフト」の映画化作品、さらに「オズの魔法使」の前章となる「オズ、ザ・グレート・アンド・パワフル(原題)」を監督することが決まっている。

一方、「スパイダーマン4」は、ライミ監督と主演のトビー・マグワイアが降板した後、監督に「(500)日のサマー」のマーク・ウェブ、主演に26歳の英俳優アンドリュー・ガーフィールドを据えて「スパイダーマン リブート」として再始動。12月にクランクインし、2012年7月3日の全米公開が予定されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi