志田未来、高校生のうちに「制服でプリクラ撮りたい」

2010年7月9日 22:31

同世代の観客相手に盛り上がった
同世代の観客相手に盛り上がった

[映画.com ニュース] スタジオジブリ最新作「借りぐらしのアリエッティ」の女子中高生限定試写会が7月9日、東京・新宿明治安田生命ホールで行われ、上映後の舞台挨拶に声優を務めた志田未来神木隆之介が登壇した。

同作は、人間の家の床下に暮らす体長10センチの小さなアリエッティ(志田)が、姿を見られてはいけない人間の少年・翔(神木)と出会ったことから生まれるドラマを描く。宮崎駿が企画・脚本を手がけ、監督は今回がデビュー作となる米林宏昌が務めた。

試写会は、14歳のアリエッティと同世代の女子中高生300人を招待して行われた。上映後、志田と神木の登壇を知らされていなかった観客は、2人が登場すると一斉に熱狂。「かわいい!」「かっこいい!」といった声援が飛び交った。

舞台挨拶は、女子中高生からの質問に2人が答える形で進行。志田は、もしアリエッティのように小さくなったら「お味噌汁に入りたい。お味噌汁が好きなので、入りながら飲みたい」とニッコリ。神木は、もしアリエッティのような小さな人々に出会ったら「翔は落ち着いていたけど、僕だったらもっと仲良くなりたくてグイグイいっちゃいます」と話して笑わせた。

2人はともに17歳で、私生活ではそれぞれ高校2年生。「高校生活のうちにやっておきたいことは?」との質問に、志田は「制服を着てプリクラを撮りたい。私の学校は帰りに制服で遊びにいってはいけないので、まだ(制服では)撮ったことがない」。神木は「去年、1年生の時に体育祭の徒競走で1位になった。今年も来年も1位になりたい」と抱負を語り合った。

借りぐらしのアリエッティ」は7月17日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース