ミーガン・フォックス、ミッキー・ロークに捧げるタトゥーを入れたと告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月17日 > ミーガン・フォックス、ミッキー・ロークに捧げるタトゥーを入れたと告白
メニュー

ミーガン・フォックス、ミッキー・ロークに捧げるタトゥーを入れたと告白

2010年6月17日 11:27

ロークへの愛をタトゥーで表現

ロークへの愛をタトゥーで表現
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タトゥー愛好家として知られるセクシー女優のミーガン・フォックスが、新作「パッション・プレイ(Passion Play)」で共演した俳優ミッキー・ロークに捧げるタトゥーを新たに入れたことを告白した。

同作は、落ちぶれたトランペット吹き(ローク)が、ギャングスター(ビル・マーレイ)から天使(フォックス)を助け出すことで、自らも救いを見いだしていくというストーリー。

米MTVのインタビューでロークについて聞かれたフォックスは、「ミッキーはとても素晴らしい人。すごく誠実で優しくて才能に溢れている。彼を心底愛しているわ。私は彼に子どもを持つべきだと言い続けているの。彼はきっと素敵な父親になると思うから。早くそんな日がくることを祈るわ」と賞賛。有名人でありながら他人に流されることなくマイペースに生きるロークに深く共感したそうで、「彼への尊敬の意味を込めてタトゥーを彫ったの。私の肋骨のあたりよ。もう写真に撮られたか分からないけど、そのうち撮られると思う」と明かした。

フォックスは先日、恋人のブライアン・オースティン・グリーンと米マウイ島でバカンス中に水着姿をパパラッチされ、そのとき彼女の右側の肋骨部分にあった「Those who danced were thought to be insane by those who could not hear the music(音楽が聞こえない人々にとって、ダンスを踊る人々は正気を失っていると思われた、の意)」という9個目のタトゥーが話題になっていた。この言葉は、詩人アンジェラ・モネの引用、または13世紀の詩人ルミの引用を言い換えたものと見られている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi