カンニング竹山、ギャラ支払いに安堵の表情 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月12日 > カンニング竹山、ギャラ支払いに安堵の表情
メニュー

カンニング竹山、ギャラ支払いに安堵の表情

2010年6月12日 14:49

馬券が当たるようになった!「ねこタクシー」

馬券が当たるようになった!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] カンニング竹山が主演する「ねこタクシー」が6月12日、全国19スクリーンで公開。竹山をはじめ、鶴田真由山下リオ亀井亨監督が東京・新宿のシネマスクエアとうきゅうで舞台挨拶を行った。

同作は、竹山が主演した同名TVドラマの劇場版。ふがいない毎日を送る40歳のタクシー運転手・間瀬垣(竹山)が、目の前に現れた一匹の野良ネコ“御子神さん”を助手席に乗せた「ねこタクシー」を走らせるヒューマンドラマ。

この日は、隣接する新宿ミラノで北野武監督の最新作「アウトレイジ」の初日舞台挨拶が行われるとあって、竹山も「皆さん、なぜこちらへ……。オレだって気持ちとしては『アウトレイジ』を見に行きたい」と本音丸出し。娘役を務める山下について、「僕のDNAは一切入ってない!」と自虐的に語ったが、司会者の「そうですね」と冷たい反応に「そうですねとは何ですか! 僕だって分かっていますよ」と得意のキレ芸を披露した。

竹山といえば、昨年は主演映画「守護天使」のキャンペーン中に週刊誌で浮気を報じられたり、別の出演映画のギャラが支払われず、裁判になったりとトラブル続き。「今年はスキャンダルがなくてよかった。この映画はギャラが支払われるらしいです」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

舞台挨拶には、もうひとりの主役であるオスの三毛ネコ“御子神さん”も登場。竹山は、「今回の共演で、すっかりネコが好きになりましたね。御子神さんはネコ界の香川照之西田敏行!」と演技力を絶賛した。また、触るとご利益があるといい「去年9月に出会って以来、馬券が当たるようになった」とご満悦だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi