リメイク版「フットルース」主役に「ターミネーター」T・デッカー浮上 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月28日 > リメイク版「フットルース」主役に「ターミネーター」T・デッカー浮上
メニュー

リメイク版「フットルース」主役に「ターミネーター」T・デッカー浮上

2010年5月28日 19:05

難航中の「フットルース」主役が決定?「フットルース」

難航中の「フットルース」主役が決定?
Photo:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ケビン・ベーコン主演で80年代に大ヒットした青春映画「フットルース」(1984)リメイク版の主役候補に、TVシリーズ「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」でジョン・コナーを演じているトーマス・デッカーの名が浮上した。

同作からは、当初主人公のレン・マコーミック役にキャスティングされていたザック・エフロンと、その代役に決まったチェイス・クロフォードが相次いで降板し、主役不在となったまま。クランクインは今夏に予定されているため、スタジオの米パラマウントは主演俳優探しを続けていたようだが、米ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、デッカーがその第1候補に挙がっているという。なお、デッカーはミュージシャンとしても活動中で、歌って踊ることが要求されるレン役の条件も満たしているようだ。

メガホンをとるのは、「ハッスル&フロウ」(05)のクレイグ・ブリュワー監督。デッカーの最新出演作、リメイク版「エルム街の悪夢」は6月26日から日本公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi