ドリュー・バリモア監督第2弾は「オズの魔法使い」後日談

2010年5月19日 15:53

バリモアが監督・製作総指揮・出演を務めた 「ローラーガールズ・ダイアリー」
バリモアが監督・製作総指揮・出演を務めた 「ローラーガールズ・ダイアリー」

[映画.com ニュース] 「ローラーガールズ・ダイアリー」(5月22日公開)で監督デビューを果たした、ドリュー・バリモアの監督第2弾企画が浮上した。

英エンパイア誌によれば、バリモアは、ジュディ・ガーランド主演のミュージカル「オズの魔法使い」(1939)の後日談となる映画「サレンダー・ドロシー(Surrender Dorothy)」のメガホンをとる。2002年には製作が発表されていた企画で当初、バリモアは主演する予定だったという。

主人公は僕だった」(07)のザック・ヘルムが手がけた脚本の内容は、ドロシーのひ孫の娘にあたるヒロインが、魔法のルビーの赤い靴を使って西の魔女からオズの国と現世界を守ろうとするというもの。バリモアが監督と主演を兼ねるかは未定。ワーナー・ブラザースとバリモアの製作会社フラワー・フィルムズが製作する。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース